トライマンデザイントライマンデザイン

WEB DESIGN & CONSULTING

伝わるデザイン考えます

デザインは単なる飾りではなく、大切なことがきちんと伝わるように「情報を整理し」「表現すること」だと考えています。何を伝えたいのか?誰に伝えたいのか?相手に伝わるにはどう表現するのがよいのか?・・・送り手の想いがきちんと伝わることを第一に考えてデザインしています。

デザインは情報を整理し、表現する技術

新しい表現にトライします

テクノロジーの進化とともに出来ることが増えれば、表現の幅が広がります。WEBサイトを見たり触ったりするとき、指やカーソルでのタッチに対する反応だけではなく、視覚や聴覚を通じた情報の感じ方も含めてインタラクションと考え、送り手の想いがより伝わる表現を見つけたいと思っています。どんどん進化していくテクノロジーとデザインの考え方を結びつけることで、新しい表現を探求します。

トライマンデザインについて

tri(トライ)は数字の「3」、man(マン)は「人」を意味します。ウェブでのコミュニケーションには、メッセージの「送り手」「受け手」「届け手(サービス提供者やデザイナー)」の3人が存在します。コミュニケーションにおいて、受け手に伝わることはもちろん、送り手に成果があること、そして届け手が楽しめることも大切にしたいと考えています。トライマンデザインという名前には「送り手、受け手、届け手の3人が満足すること」、ものや仕組み中心ではなく「人中心であること」を大切にデザインしたいという想いを込めています。
満足顔のトライマン

事務所名 triman design(トライマンデザイン)
代表者 三宅 真人(WEBデザイナー/プログラマー)
所在地 岡山県岡山市
連絡先 info [at] trimandesign [dot] com
業務内容
  • ウェブサイトのデザイン・コンサルティング
  • IA(情報設計)・運用設計
  • UIデザイン・開発・制作

プロフィール

三宅 真人(MIYAKE Masato)岡山県在住のWEBデザイナー/プログラマー。コンセプトワークから情報設計、デザイン、フロントエンド開発、運用設計まで幅広く活動中。デザインとプログラミングを組み合わせることで、プラスアルファの成果を生む表現や仕組みについて日々トライしています!

経歴

1976年岡山県生まれ。広島大学大学院情報工学専攻修了。大手印刷会社にてデジタルカタログ事業に携わる傍らデザインを独学。プログラマー、システムエンジニア、セールスエンジニア、WEBディレクターなどを経て2013年にフリーランスとして活動開始。

ただいま準備中

ラボではグラフィックとプログラミングを組み合わせた表現にトライします

閉じる閉じる

ご利用のブラウザはバージョンが古いため閲覧できません。
別のブラウザでお試し頂くか、最新のブラウザをダウンロード( Firefox | Chrome )してご利用ください。